ハイエース セドナ。 【徹底レビュー】セドナタイプ4|ハイエースのスーパーロングタイプが至高の一台!

セドナ ハイエース

🤚 彼らのお洒落でファッショナブルなスタイルは憧れの対象となり、 バンライフという確固たるジャンルを築きあげました。

20
フルトリム• ワンタッチボタンやリモコンで操作• 手間や工夫を楽しみ、感性が豊かに広がるライフスタイルのベース。 窮屈な都市型生活から抜け出し、バン1台に必要な荷物を載せて遊牧民的な自由な生活をするという生き方は、日本でも老若男女問わず憧れがあると思うんです。
セドナ ハイエース

😅 このクルマの大きな 特徴の一つが、車外に引き出せる大きなテーブルだ。 展示車両のオプション装備:フロントシートカバー、ステップフローリング、フロントキャビネット、バックドアフィックス窓、ボディデカール、ライノラック社製ルーフキャリア、アルミラダー、ARB社製ルーフテント、エンブレム・グリル塗装、カーテン 展示車両の電気系オプション装備:サブバッテリー 100Ah 、インバーター、100Vコンセント、USB、外部電源、リアエアコン、リアヒーター、バックドアLED 「セドナバンライフ タイプ III」の車内。

14
いよいよ四国バンライフのもうすぐ終わりです。 ローダウン• アルミホイール:16インチ• エアロ• 「セドナ タイプ4」をレビュー解説 さて、ここから「セドナ タイプ4」をレビューしていきます! シリーズ初の「ハイエース スーパーロング」がベースの8ナンバー車のキャンピングカーになります。
セドナ ハイエース

😒 その為、火を使わずに電気で調理できることは、車中泊やバンライフにとってありがたいオプションです。 「Darwin Q3」2019年式は、そのシリーズ第3弾の最新モデルである。 湖のほとりをイメージされたデザインになっており、こちらも実際に見てきましたが、「セドナ タイプ3」とは、まったくの別物といえるほどの印象でした。

6
坂道発進補助装置• アウトドアテーブルとしても使え、テーブル下は荷物置き場としても利用可能。
セドナ ハイエース

⚓。 湿気の多い日には水分を吸収して膨らみ、乾燥しているときは水分を放出し縮むことで湿度を一定に保つ。

5
今まで軽自動車ハスラーでバンライフをしていて、 乗り換える時はハイエースにしようと決めてはいたのですが、セドナは高いので選択枠に入れていませんでした。 展示・試乗車• そのスタイルに魅了された人は数多く、欧米を中心に広がり、今やバンライフは時代に沿ったムーブメントとなっている。
セドナ ハイエース

😜 また、40リッターの上開き式冷蔵庫が標準でビルトインされる。

11
使い勝手とデザインを高次元で両立。 草加市に本社を構えるVehicle ビークル は、「ハイエース」と日産「NV350キャラバン」という、キャブオーバー型の大型ワンボックスカーをベースとしたキャンピングカーを扱っている。
セドナ ハイエース

🤲 現在では、他ビルダー2社と共にLACホールディングスとして一体的な運営が行われている。

これも、もっと大容量のものが必要なら相談するとよいだろう。 参考程度までに、もし私が購入するとすれば、「2WDのディーゼルエンジン」をベースにします。
セドナ ハイエース

🔥 床上げフローリング下にはスライドアウトテーブルを備え、 ベッドマットの収納や、調理などの作業をする際に重宝します。

10
さぁ、『クルマを使って楽しもう!』 SEDONA装備内容 標準装備• 日本全国から最新のキャンピングカーが一同に集う、いわばキャンピングカーのオートサロンのようなイベントです。 フロントシートカバー• サブバッテリーシステム• 落ち着いた色合いが特徴的でどんなインテリアとも相性がいいので、オーナー好みの空間を作るのにぴったりな木材だ。
セドナ ハイエース

👋 ドライブ時は通常の車と同じように前向きに、停車時には後ろ向きにして対面のダイネット形式にすることもできる。 正弦波 350Wインバーター/インバーターリモートスイッチ• DX トリムボード ウッド調パネル• インテリアはこのモデルのコンセプトであり、無垢の木材をふんだんに使って、山小屋風の室内にしている。

10
シューズボックス ブランケット収納ボックス• パワーウィンドウ• 車後方からテーブルを引き出せばキッチンとして使用ができる。 しかしシートバックがない分、車内が見渡せて広く感じ、移動もしやすい。
セドナ ハイエース

🙄 もしくはポータブルバッテリーの積む場合もあります。 無垢の木材を多用したロッジのような室内 エクステリアは特に架装はないが、ブラックフェイスにしたりペイントしたりと、独特の外観を見せている。

13
エアコン• リアラダー(ブラック塗装)• ルーフレール• サイドステップフローリング施工(アイアンエッジ含)• 外部AC100V 入力及び充電• セドナがこだわる本物の木 セドナを語る上で外せないのが、木へのこだわりだろう。