逞しい 意味。 「逞しく」の意味・類語【使い方や例文】

意味 逞しい

💔 例)逞しい脚• タフでたくましい様相をあらわす形容詞には、 sturdy=たくましく、屈強である。

13
屈強<くっきょう>:非常に力強く頑丈である。 「逞しい」には信念を貫くというニュアンスはありませんが、意志が強いという点においては「気骨」に通づるところがあるでしょう。
意味 逞しい

♻ つまり本来の逞しいの訳の方です。

:困難や誘惑にも心が揺らがず、耐え抜くこと。
意味 逞しい

👈 漢字も時代の変化による意味の変化に翻弄され変化していったのでしょう。 「逞しい」と「強い」は意味ではオーバーラップする面はありますが、別の意味の形容詞です。

「逞しい たくましい 」 の由来についてまとめたエッセイです。
意味 逞しい

😃 逞しいを用いた例文としては、「見るからに逞しい男性」や、 「彼の逞しさを見習うべきだ」のような使い方で用いられています。 ですが一応念の為… 1 からだが頑丈で、いかにも強そうに見える。

3
複数の意味をもつ「逞しい」の方が多く使われますが、「強靭な肉体」や「強靭な精神力」のように類語で言い換えることができます。 「猛増 たけまし 」は、 「猛々しい」、 「勇ましく強い」という様子が増えていくという解釈ができるでしょう。
意味 逞しい

🤛 He is very vibrant. ほかの4つは精神的な強さのみを表す言葉です。 「逞」は です。

アジリティとは、機敏さ、俊敏性、敏捷性、素早さ、などの意味を持つ英単語。 筋骨隆々<きんこつりゅうりゅう>:体つきががっしりしている。
意味 逞しい

👏 勝気/勝ち気<かちき>:他人に負けまいとして頑張る性格。 。

6
用例は書きURL二つ目を参照していただければご理解いただけるかと思いますが、「力量・技量・知識が優れている、抵抗力がある、程度が激しい」と多彩な意味があります。
意味 逞しい

☏ である。 icon まとめ 「逞しく」という言葉には、体力・体格的な強さや頑強さだけではなく、精神的な強さも含まれています。

勢いに満ちて元気なこと。
意味 逞しい

📲 日々努力した結果、逞しい体が手に入った• 「逞」の漢字を調べてみると、1にたくましい、2に思うとおりにする。 確かにこの本名では覚えにくいので、少しダジャレがかったこの芸名は正解かもしれませんね。

18
上の3つは、喧嘩をしたら強そう、重い荷物を持ち上げられそうといった、体つきを表すときによく用いられる言葉です。
意味 逞しい

😈 現代社会では、複雑な人間関係に悩まされ、慌ただしい環境の中で強く生き抜いて行かなければなりませんが、下手をするとノイローゼなどで精神的に病んでしまう人が増えています。 :どんな困難にあおうとも、心が挫けないこと。 注意点としては「2点しんにょう」を「1点しんにょう」と書き間違えないことですが、もう1つ「王」の書き順が挙げられます。

18
タフ(tough):頑強で少しくらいのことではへこたれない様子。 ちなみに宅麻さんは芸名で、これは本名の詫摩 繁春(たくま しげはる)からとられたそう。