アイマス ss 辞める。 未央「アイドル辞める、か……」 : アイマス SS

Ss 辞める アイマス

💋 憧れの先輩達と一緒のステージに立ちたいって」 可奈「それが私の本当の気持ちだって……気付いたから。 76 :OtBfLvo40 凛「…私じゃ、ダメ?」 P「いや、おまー15歳じゃねぇか」 凛「あと1年待つだけだよ?」 P「魔法使いにはなりたくないんだよ」 凛「え、もしかしてプロデューサーってまだ…」 P「言うな、聞くな、そんなキラキラした目で見るな」 凛「まっっっっったく、仕方ないなぁ。

8
280• ・・・・・・狼と香辛料SSまとめるか。
Ss 辞める アイマス

😒 Pの性格分析は勿論なのですが、それに付随するエピソードにニヤニヤしてしまいます。 70 :OtBfLvo40 P「そんな事よりも奈緒!聞いてくれよ!」 奈緒「な、なんだ?!ちょっと近いって!」 P「実はな、俺!」 奈緒「俺…?」 P「っあー、そうだ、秘密にしなきゃいけないんだわ」 P「ごめんな、奈緒。 596• うん……うん?」 凛「プロデューサーは私を何だと思ってるの?」 P「え?いや別に……何で持ってるのかなって」 凛「だから!着替えとか、いろいろいるの!わかってよ!」 P「あ、うん、ごめん……」 ガサゴソ P「(なんかおかしいような……)」 凛「……」スッスッスッス P「(すごいスマホいじってるなぁ)」 凛「(両親に紹介ktkr!!これで勝つる!! と……。

7
今の無しで」 奈緒「…は?いやいやいや、そこまできてそれは無いだろ」 P「いやでもなー、どうしよっかなー」 奈緒「気になるだろ!言っちゃえよ」 P「なら教えてやろう。 俺は今週末お見合いに行く訳だが」 ありす「そんな事をしなくても、後四年待てばお見合いなんかスキップしてゴールイン出来ますよ?」 P「そんなに待ってられないって。
Ss 辞める アイマス

☺ 原作を知らないとわからない場合がございます。 もうこの仕事を続ける自信がなくて……」 P「二人の事は他のプロデューサーに面倒を見てもらう事にしたよ……」 P「担当しているアイドルに嫌われてる事に気づかないなんて……プロデューサー失格だな……」 まゆ「嫌われ……え……?」 智絵里「……………………」 智絵里「嘘ですよね……プロデューサーさんは私をトップアイドルにしてくれるって言ってくれました……。 何も考え無しに書き始めると大変ですね。

4
で、何の用ですか?」 P「あ、えっと……そろそろレッスンの時間……」 まゆ「わかりました。
Ss 辞める アイマス

🤙 64 :gnx54kQ40 P「大丈夫ですか?大分疲れているみたいですけど」 小鳥「いっいえ!大丈夫です!ですから離れて下さい!」 小鳥「どこかから見られでもしたら…」 P「音無さん?」 小鳥「あっ、すっすみません。

15
62 :YAqyhdYeO P「……」 P「…なぁ、美波。 秘密にしておきたいいい事…何かサプライズプレゼント?」 P「違うんだよー。
Ss 辞める アイマス

😗 今週末お見合いをするんだよ」 茄子「お見合い…?」 P「お見合いだ。 あ、ならどこか居酒屋さんに」 P「そうじゃなくてな、翌日予定があるからさ」 茄子「予定…ですか?」 P「あぁ、悪いけどそれはまたの機会で頼むよ」 茄子「こんなに可愛い女の子の誘いを断るなんて、罪な人ですね」 P「大事な用事でな。

24 ID:ZvkBlsLFP 翌朝 美希「あの、はい。 49 :gnx54kQ40 P「さて…そろそろちゃんと仕事しますか」 ちひろ「そうですね、お陰様でまったく進んでいませんし」 P「俺のせいじゃないと思いたいんですが」 ちひろ「いや確実にプロデューサーさんのせいですからね?」 P「うぃっす」 ちひろ「まぁ頑張って下さい。
Ss 辞める アイマス

📞 どう?辛かった?」 P「辛いなんてもんじゃない。

19
そうね、退職前に殉職しそうよね」 まゆ「Pさんを支えるのは私ですわぁ」 =大人達= ちひろ「お茶とお菓子です」 美城常務「うむ、ありがとう、しかしそろそろ行かなくては、」 ちひろ「そうなんですか?」 美城常務「うむ、産休は取れるように手配するから出来れば早めにいってくれ、『二人とも』お幸せにな、ではな、式の日程が決まったら連絡してくれ」 2人「分かりました、ありがとうございます」 ちひろ「あ、みなさんは上がっていいわよー」 =アイドル達= 凛まゆ「は?」 未央 え?ヤバいヤバい怖い、こっちから黒いオーラと殺気がちひろさんに向けて飛ばされてるのにいつも通りニコニコしてるちひろさんヤバいって、 卯月「Pさんとちひろさん、いつの間にそんな関係に!?」 未央 しまむー!突っ込んだー!地雷原に核ミサイル落としやがった、でもごめんね、いつもはその役回り私なんだけど今回私無理、なんで二人とも腕に手を回してがっしりホールドしてるの?逃げたいんだけど帰りたいんだけどー ちひろ「実はPさんと初めてあったのは二人が中学生1年生の時になんですよー」 卯月「えええ!そうだったんですか?そうするともう、10年以上お付き合いしてたんですか!?」 P「ああ、んん、まあ、ちょっと違うけど、中学1年の時に同じクラスでそこから子の職場で偶然再開するまで何も音沙汰無かったからまともに話すのは仕事始めてからかなぁ」 卯月「映画みたいなロマンスが気になります!」 ちひろ「実は、中学1年のとき私もPさんも進学校で電車通学だったんですよ、帰宅部だし、帰る方向が同じなだけで、クラスでも通学路でも顔を合わせるだけで」 凛「あー、なんかわかるかも」 P「その日は体育祭練習があった日の帰り、たまたま席が二人並んで空いてて二人とも疲れてたから並んで座ったわけよ」 未央「もしかしてそこでラブロマンスが?」 P「いやそのときはそんなことも無く何も喋らずに二人とも爆睡した」 まゆ「. あんなに可愛くて優しい事務員さんは見た事無かったので衝撃的でした」 ちひろ「……」 P「あー、言えば言うほど楽しみになってきた。
Ss 辞める アイマス

♻ 23 ID:8TqqVM7po P「……とりあえず別に、いるものはそんなにないな、実家に帰れば服もあるし」ガサゴソ 凛「早く準備してよ」 P「おう……ん?あれ?」 凛「何?」 P「なんだそのスーツケース」 凛「洋服とか、化粧品とか?何?女の子の私物に興味あるの?」 P「え?いやなんでそんなもの」 凛「いや、流石の私でも服くらい着替えるよ」 P「そうだな。 アイドルの先輩方のバックダンサーとして出演して」 未央「……そうなんだ」 可奈「はい」 未央(……バックダンサー……か) 可奈「でもその時は私、初めてのライブだったってこともあって、すごく緊張しちゃって……」 未央「…………」 可奈「全然上手く出来なくて。 Contents• プロデューサーさんは私の事が嫌いになったんですかっ!?」 まゆ「プロデューサーさん……まゆの事はもう嫌いなのですか?駄目な所は治しますので……まゆを……まゆを見捨てないで下さいっ!」 P「え?俺の事を嫌いになったんじゃないの?」 まゆ「え?」 智絵里「へ?」 …………………… ……………… ………… …… P「つまり……俺のパソコンを勝手に見て、たまたま開いてたツンデレに関するページの内容を……俺がツンデレ好きだから見ていたと勘違いしていたわけだな?」 まゆ「ごめんなさい……」グスッ 智絵里「ご、ごめんなさい……」 P「うおおおおおおおお……良かった……本当に良かった。

10
P「千早が最近俺を避けるようになった」千早 短編 プロデューサーを意識しすぎて距離を置いてしまう千早を描いた作品かと思ったら恋する乙女は電撃戦! 短編だと言うことを差し引いても一挙にPに告白し攻略していました。