レゴ クラシック レシピ。 レゴクラシックの作り方。オリジナル&公式レシピまとめ

レシピ レゴ クラシック

👊 色の種類もシリーズ最多クラスだと思います。

10
収納ボックスを開けると、全部で33種類のカラーバリエーションがあるレゴブロックが入っています。
レシピ レゴ クラシック

💕 こちらを後方へ 前方も同じ様に これで有る程度の強度は付きました。 パッケージのおもちゃ作って終わっちゃうくらいのピース数です。 後部にドッキングさせます。

12
こちらは乗り物の中で一番好きなのがトラクターという息子さんがいらっしゃるフォロワーさんからのリクエストで作りました。 この2種類のうち、 最初に買うならアイデアボックスがおすすめです。
レシピ レゴ クラシック

🚀 レゴクラシック アイデアボックスはレゴの基本セット 2017年現在のレゴクラシックの基本となる商品です。

14
戦闘機 F-16とF-5を混ぜたようなの です。 そうです、キャタピラーを表現出来るから戦車作ろうとなった次第です。
レシピ レゴ クラシック

✔ 様々な色のトレインを何度も組み立て直して、かずや色が遊びながら分かるようになります。

15
色の種類もシリーズ最多クラスだと思います。
レシピ レゴ クラシック

🐲 床に広げてブロック遊びをする• こちらは乗り物の中で一番好きなのがトラクターという息子さんがいらっしゃるフォロワーさんからのリクエストで作りました。 小さなパーツや扱いが難しいパーツ(タイヤやジョイントパーツ)などは、最初に取り除いておくのもいいかもしれません。

そこで始めはタンカーを制作し始めたのですが出来上がりがかなり地味になってしまい。
レシピ レゴ クラシック

👆 あと、この11005には収納ボックスも付いていないので、 私的には「初めてのレゴ」ということでしたら「10696 or 10698」のような「収納ボックスが付いているレゴ」の方がオススメ。 子供が自分で組み立てられるまでは親子で遊ぶ必要がありますが、4歳くらいになれば一人で色々作ったりできるようになるかなと思います。 以下は付属の説明書には載っていないので各自でPDFをダウンロードしないと作り方が分かりません。

7
一見、難しそうに見えますが、割と簡単に作ることができますよ。 アイスクリーム• 完成図だけ見ても大人の私もよく分からないし、なにより5歳の息子が説明書を見ながら自分で作りたがっているので、とにかく見つけてあげたい。
レシピ レゴ クラシック

✌ スマホやタブレットで見ながらでも5歳児はうまく一人で作っていましたよ! 何度も作る時に開く必要があるなら、まとめてプリントしてしまうか1枚ずつ画面保存をしておくと便利です。 レゴだとタイヤがついていますので、床を走らせることができますよ。 後輪です。

16
色の種類もシリーズ最多クラスだと思います。 ブロックを自由に組み立てるレゴクラシックで子供の想像力を高めよう 子供の想像力が高まるレゴブロック 小さくてカラフルなブロックのパーツがたくさんある、レゴ。