極 鋭 コンセプト ゲーム。 DAIWA : 極鋭 コンセプト ゲーム

ゲーム 極 鋭 コンセプト

🙄 また、コンコンやプルプルといった本命以外の小魚のアタリはスルーし、本命からのシグナルを待つ。 MC(=マクロセンシティブゲーム)モデルとは 「MC」を冠するアイテムはターゲットシンカーが8号。 目感度が抜群であることはもちろん、パワーのある魚や操作性を重視する釣りでも快適な調子を追求しており、またブランクには「X45」と「V-ジョイント」 150を除く を採用し、しなやかでブレのない的確なロッドコントロールが可能となっている。

究極の目感度を求めて ~ ターゲットシンカーコンセプトとは 感度を優先する竿というと、一般的に穂先の最先端だけを柔軟にした極先調子の竿がイメージされる。 それまでは、しなやかさの印象が強かったのだが、一たびシャクリを入れるとシャープな操作性に気付く。
ゲーム 極 鋭 コンセプト

🙂 KYOKUEI GAME 極鋭ゲーム 7:3調子 上段:S-150AGS 下段:MH-195AGS 目感度を極める「ターゲットコンセプト」に基づいた先鋭ライトゲームロッド 究極の目感度を目指して、穂先がわずかなアタリさえも最も大きく表現する角度と、その際のオモリ号数を分析。 比較的軽量な錘を想定することで無駄な贅肉を徹底排除、快適な釣りをサポートしてくれる。 「どこがオーバーパワーか」「どこがパワー不足か」を数値で明確に把握するだけでなく、通常のベントカーブには現れないエキスパートの「感性」と呼ばれる領域までロッドに反映させることが可能。

6
さらに他釣種でも支持を得るMC調子ならではの穂持ち部分のパワーは繊細な釣りとの相性も抜群です。 軽量高感度設計により、さらに軽快なロッドワークを可能にした。
ゲーム 極 鋭 コンセプト

✊ 「P パワーコンセプト)」は操作性と粘りを追及。 S・MCはベイト・スピニング兼用(左写真)、M・MH・H・HHはベイト用のトリガータイプ。

3
クロスしたカーボンファイバーが、その高性能を誇示するかのように黒い輝きを放ち、エアーセンサーシート同様、ロッドにおいての機能美とはこういったモノなのかと、静かに頷いてしまう程であった。
ゲーム 極 鋭 コンセプト

👋 メインで使用する錘が100~120号であればHH-220、150号~であればHHH-205がオススメです。

17
製品ページ内にインプレッションも書かせていただいたので、ご興味ある方は是非。 初めて相模湖を訪れる人にとっては釣れるキーポイントがどこかわからず苦慮しているかもしれません。
ゲーム 極 鋭 コンセプト

💅 どの釣り物も常に誘いを繰り返しながら繊細なアタリを感じることが大切な釣りなので、感度と軽量性というコンセプトがばっちり活きるはずだ。 比較的軽量な錘を想定することで無駄な贅肉を徹底排除、快適な釣りをサポートしてくれる。

13
大型魚も想定しているパワー設定が効き、マゴチ釣りでは67cmの特大マゴチも難なく引き寄せることができた。 ショートロッドということもあって軽快なロッドワークが持ち味なため、年中人気のライトアジや夏の浅場タチウオなど40号前後の錘を背負って一日中誘い続ける釣りにはもってこい。
ゲーム 極 鋭 コンセプト

🔥 その極小さな挙動となるアタリを、MCのティップは難なく目感度として出してくれるので、後は即アワセ、要はフグをカットウに掛ければ良いのである。 現在の片貝沖の状況としては、ハナダイの型は良いものの数が上がっていないとの事だったので、このコンセプトゲームを駆使して気難しいトリックスターを攻略せしめんとの魂胆だ。

モタレのありなしを大きく出せるこの穂先は、勝負の機会を更に増やしてくれる。 そこでロッドの手感度、目感度が問われる。
ゲーム 極 鋭 コンセプト

🎇 <同梱品等に関しましてのご注意> 複数個のご注文を頂きました場合、同梱可能な商品は同梱させて頂きますが、同梱が困難な場合は個別に送料を頂きますので予め、ご了承願います。

7
ブランクスにはネジレ防止の最適構造X45とスムーズな節の曲がりを実現するV-JOINTを搭載、ブレのないロッドコントロールに加え、不意な大物にも対応可能。 しかしこういう竿はアタリが手に伝わる感度やアワセが早く効くというメリットは高いものの、アタリを大きく表現するというのは難しく、小さいアタリは熟練の釣り人以外には感知しづらい。
ゲーム 極 鋭 コンセプト

☣ しなやかな『SMT』は目感度としてアタリを大きく表現してくれるとともに、魚に違和感を与えず食い込みをフォロー。

7
極鋭ブルーをベースにしながらも見る角度によって変色するカラーリングを要所に採用。